トップページ

どうせなら良い借金をしよう

人間はお金を稼ぎ、また使って生きています。お金があることで安心できるものですから、現金を手元に置いておくことは大切なことです。それがもし借金をしたお金だとしても。手元にお金が無いことを想像してみてください。もし大切な人が病気になってしまったときに、病院に入院させることもできない。もし事業が大変なときに、貯金から融通することができない。ここぞというときに、何もできない場合が多いのが現実です。
ではどのようにお金を借りるべきなのでしょうか。ここでいう良いお金の借り方とは、確実な返済ができ、金利が安いこと、そしてもし返済が遅れるようなことになっても重大な事態にならないことです。

借金は良い借金と悪い借金の2種類があります。生きていく上で大切なことは、いかに悪い借金をしないかです。
人生を送る上で必要な借金までを拒否するならば、それすなわち人生において必要なこともできないことに繋がります。それでは良い借金には一体どんなものがあるでしょうか。

まずひとつ目にあげられるのが住宅ローンです。なぜならば金利が約2%と低金利。それに銀行はきちんと借り手となる側の返済能力を判断し、それに見合った額しか貸してくれません。返済計画の変更も可能であり、住宅と土地自体を担保とすれば最悪の場合は不動産を失うことですべてが解決できるようになっています。これほどの好条件でお金が借りられるものは他にあまりなく、人生収支を改善するのにも役立つはずです。

※特集
もし借金の返済が遅れるようなことになったらこのような法律事務所で相談するのが良いでしょう・・・借金の返済

Copyright © 2014 借金にも種類がある All Rights Reserved.